遺品整理事情

別居の家族の遺品整理は、簡単にはいきません。

現在の日本では、核家族化が進み高齢者の独り暮らし世帯なども増えてきました。そんな中、独り暮らしの人が亡くなった場合の遺品整理が問題になってきています。 同居の家族が亡くなった場合は、遺品整理も時間をかけて残された家族ができます。若い内に亡くなってしまった時などは、部屋をそのままにしておくこともあります。 ところが、アパートなどに独り暮らしをしていた人が亡くなった場合は、部屋も速やかに引き払わなければいけなくなります。とはいえ、今までそこで暮らしていた生活用品を家族が全部引き取って整理することは、昨今の住宅事情を考えてもほぼ不可能に近いです。 そのような時に、遺品整理業者に委託する方法があります。決まった料金を払えば一日でやってもらえます。

遺族の立会いのもと、遺品整理を行ないます。

亡くなった人の遺品整理をするために、遺品整理業者を利用した場合気を付けることがあります。 まず、遺品の横流しなどを避けるために、遺品整理士の資格を持つ信頼のおける業者を選びましょう。それから、遺品の中には形見の品もあります。急に亡くなった時などは、現金や通帳、貴金属類などもそのままかもしれません。必ず、遺族は立会いのもと遺品整理業者が勝手に処分しないよう、見守る必要があります。 また、家具や電化製品など大型の物も、遺族が引き取れないならその場で処分に回してしまったほうが後々負担になりません。 そして、遺品整理業者に委託するとよいことがもっとあります。故人が長く生活していた家の中を、きれいに掃除してもらえるのです。これも忙しい家族にとっては、ありがたいことです。