石材店の特徴

石材店選びをするうえで

お墓を建てる上で避けて通れないものが石材店である。 一般的にどの石材店を選んでも同じだと思われがちであるが、それは誤りである。 例えば、墓石というものは石塔加工という日本古来のものが一般的であるが、石材店ごとにその値段、大きさ、細かな装飾などが異なり、また素材の取り扱い種類も異なっている。(店ごとに取り扱っていない石もある。) また、石材店によってはスピリチュアル・ヌーンなどといった洋式のもの、モニュメントのような形状のものを取り扱っていたり、定型のものを一切取り扱わず、お客さんと相談の上で作り上げるという、完全オーダーメイド形式を取っているところもある。 このように一口に石材店と言ってもその規模は様々であり、一概にどれがベストであるかということは言えない為、自分で作りたい墓から石材店を選ぶのが良いであろう。

分からない事はお墓ディレクターまで

伝統的に、この業界は嘘とごまかしが横行しており、墓石の説明をしないばかりか、輸入の安価な石を日本のブランド石として偽って販売したり、客の足元を見て価格を決めたりといった事態がまかり通っていたりする。また墓を建てようとしても的確なアドバイスをくれる人が殆どおらず、その為、石材店、墓地任せになってしまう、という場合が多い。 そこで現在お墓ディレクターという人々が登場して話題となっている。お墓ディレクターとは、文字通りお墓の専門家で、お墓を買いたい、または建てたいといった時に、どんなものを建てたらよいか、その為にどの石材店、墓地に頼めばよいのか等を細かくアドバイスしてくれる存在だ。情報が不足している、あるいは色々なウェブサイト、チラシなどでの情報多すぎてかえって分からない、などの場合は、気軽にお墓ディレクターに連絡すると良いだろう。