購入を希望する時

納骨堂の購入を希望している場合には

お墓を建てるということになると、まず墓地探しから始めなくてはなりません。うまい具合に希望に叶う墓地を見つけ購入することができたとしても、それで終わりではありません。今度は石材店を探して、お墓を建ててもらう必要があります。建売住宅のように、最初から墓石を建てた状態で販売している墓地は滅多にありません。ですので、お墓を購入する場合には、かなりの手間と費用がかかってしまうことになります。そのような理由があるため、お墓ではなく納骨堂の購入を希望する人が多くなってきました。納骨堂は、宗教法人がその所有する敷地内に設置しているケースが多いですが、そこは信者しか納骨できないのが普通です。でも、納骨堂の販売や運営を専門に行っている民間業者がたくさん存在していますので、特定の宗教を信仰していない人でも納骨堂を購入することができます。

相続人が誰もいない人は

お墓や納骨堂の所有者が亡くなった場合、その所有権は原則的に相続人に受け継がれることになっています。お墓や納骨堂の持ち主が誰もおらず、宙ぶらりんの状態になってしまうのは困りますので、そのように法律で定められています。しかし、世の中には、身内が一人もいない天涯孤独の人も存在しています。そのような人が自分が将来入るためのお墓や納骨堂を前もって購入しておいたとしても、その権利を承継する人が誰もいないという困った事態が発生します。持ち主が誰もいないお墓や納骨堂が放ったらかしにされてしまうことを避けるために、最近は永代供養が保証されているケースが増えてきました。承継者が誰もいなくても、運営業者が責任を持って供養してくれるため、永代供養の保証がついたお墓や納骨堂を購入する人が多くなってきています。